ネットワークビジネス掲示板に悪口を書かれてしまった


by seikou2103

関東で「アイナメ」と呼ばれる魚です

「アブラメ」「アブラゴ」「ネウ」「モズ」・・・これらはいずれもあるお馴染みの魚の地方での呼び名です。その魚とは?
関東で「アイナメ」と呼ばれる魚です。「アブラメ」は関西での呼び名、「アブラゴ」は北海道、「ネウ」は東北、そして「モズ」は山陰での呼び方です。

アイナメは、北日本では、春から秋にかけて海釣りで狙われる魚です。夏は船釣りがさかんで、春と秋には磯からの投げ釣りがさかんになります。北日本では、外洋に面した岩場でよく釣れます。一方、南日本では河口付近など、川から水が流れ込むところや、塩分の少ない大きな湾内で、冬に狙われる魚です。
アイナメは、水温に近い北日本に多く住む魚です。海岸に近い岩場や海草がしげっているところに好んで住み、あまり移動せずに、えさが自分の近くにきたときにすばやく飛びついて食べる習性をもちます。そのため北海道では、根のまわりに住む魚ということで「ネウ(根魚)」と呼ばれるのです。
岩場や防波堤のまわりなど、体を隠すことのできるところでじっとしている魚です。

煮魚にするとおいしい「アイナメ」は、ホッケの仲間です。姿も似ているように、アイナメもホッケ同様、北国の魚です。うろこが小さく、頭も目も小ぶりです。全体的に体がぬるぬるとした印象です。色は、住むところによって変わり(保護色)、普通はかっ色をしています。音に敏感な魚で、これは耳のはたらきをする5本の側線(そくせん)をもっているからです。



リンク集


【顧客獲得プログラム 究極の実践編】


お客さまが行動する時とは?


広告のポイントは?


反応しやすい言葉とは?


クリックしたくなる魔法の例文とは?


人目が気になるネットワークビジネス


ネットワークビジネスで友達を失ってすごく悲しい


ネットワークビジネスで友達を失いたくないあなたへ


ネットワークビジネスは過去の悪いイメージが大きすぎる!


ネットワークビジネスの成功は潜在意識に関係!


活性酸素は予想以上に怖い!


老化は自己責任です!


便が出ないことに慣れたら危険!


体にやさしいデトックスの方法


エンザイムの活性化で健康に!


[PR]
by seikou2103 | 2010-12-11 08:14 | 日記